明治安田J2第16節最終日(28日・大分銀行ドームほか=4試合)ファジアーノ岡山はアウェーで大分と1―1で引き分けた。勝ち点は19(5勝4分け7敗)で順位は17位のまま。

 前節首位の福岡は群馬に1―3で敗れ、連勝が4で止まった。勝ち点30のままで、同31の首位名古屋に続く2位に後退した。ファジアーノは次節、ホームで千葉と対戦する。大分1―1岡山前半0―0後半1―1大分 7勝4分け5敗(25)岡山 5勝4分け7敗(19) 【評】劣勢の前半をGK一森の好セーブなどでしのいだファジアーノは後半反撃し、6分に武田のゴールで先制。その後も豊富な運動量を生かし、カウンターで相手ゴールを脅かしたが...    
<記事全文を読む>