明治安田J2第16節第1日(27日・トランスコスモススタジアム長崎ほか=7試合)V・ファーレン長崎は東京Vに1-0で競り勝った。通算成績は8勝3分け5敗(勝ち点27)で、前節の7位から暫定5位に浮上した。

 名古屋が横浜FCに2-1で逆転勝ちし、3連勝で勝ち点31として暫定首位となった。前節2位の湘南は山形に0-1で敗れ同30。

 V長崎は前半29分、MF澤田のパスを相手ゴール前で受けたMF木村がボールを粘り強くキープし、シュートを決めて先制。後半は攻め込まれる時間帯が続いたが、DF高杉、乾、北谷を中心に守りきった。

 第16節最終日は28日、各地で4試合を実施。第17節は6月3~5日、各地...    
<記事全文を読む>