明治安田J2の第16節は27日、7試合を行った。FC岐阜はアウェーの西京極総合運動公園陸上競技場(京都市)で京都と対戦し1-1で引き分け、5戦勝ちなし。5勝6分け5敗の勝ち点21で、順位は暫定12位になった。

 岐阜は相手のロングボールに競り負けながらも、DF田森やDF福村らのカバリングで無失点で前半を持ちこたえた。

 後半10分ごろから岐阜が主導権を握り始め、17分に先制。FW古橋の左クロスを逆サイドのFW大本が折り返し、ゴール前のMF小野が押し込んだ。その後は、積極的に選手交代を使った京都に防戦気味になり、30分に右サイドを突破されて失点。岐阜は追加点を奪いきれなかった。

 そのほかは、...    
<記事全文を読む>