サッカーJ2のFC岐阜は、六月三日に岐阜市の長良川競技場であるモンテディオ山形戦で、岐阜市民の観戦料を無料にする。市ホームタウンデーとして「岐阜市民総力戦」と銘打ち、多彩なイベントも催す。

 当日午後三時から、特設テントで市民と分かる身分証を提示すると、バックスタンドとゴール裏の自由席が無料になる。キックオフは午後六時。

 今年は、織田信長の岐阜城入城四百五十年をPRするブースも設置。信長にまつわるクイズに全問正解すると、天下布武の印鑑や信長バッジなどがもらえる。先着した市民三千五百人には、FC岐阜のオリジナル手ぬぐいをプレゼントする。

 昨年もホームタウンデーに市民を無料で招待し、約八千人...    
<記事全文を読む>