サッカーJ2のFC岐阜は第十六節の二十七日、京都市の西京極総合運動公園で、十二位の京都サンガFCと対戦する。最近四試合で勝ちがない岐阜に対し、京都は四月中旬から八試合無敗。順位は岐阜が十一位だが、勝ち点20で並んでおり、上位を追うには敵地といえども白星をもぎ取りたいところだ。

 前節4失点した岐阜は守備の立て直しが課題。練習ではボールの動きを追うと同時にマークの確認を徹底するなど、基本から見直した。京都は前線に大柄な選手を置いており、元日本代表で今季7得点の田中マルクス闘莉王選手らに注意が必要になる。

 攻撃面ではMF永島悠史選手が京都からのレンタル移籍のため、契約上、京都との公式戦に出場...    
<記事全文を読む>