J2は全日程の3分の1に当たる14試合を終え、9位の徳島ヴォルティスと首位チームとの勝ち点差は今季最大の6に開いている。ここ3試合は優勢に立ちながらも白星に恵まれず、試練を迎えている。

 徳島はスタートダッシュに成功し、3月末の第5節終了時点の勝ち点は12で、首位チームとは1差だった。第9節終了時点も1差に肉薄。5月3日の第11節を終えた時点では徳島の勝ち点20に対し、首位の横浜FCは23と3点差にとどまっていた。

 しかし、徳島は順位が下のチームに手を焼き、7日に行われた第12節の岡山戦で逆転負け。その後、ホームの岐阜、金沢戦で連続で引き分け、上積みした勝ち点は2点どまり。通算成績は6勝...    
<記事全文を読む>