明治安田J2第14節は17日、鳴門ポカリスエットスタジアムなどで11試合が行われ、徳島ヴォルティスは1―1で金沢と引き分けた。

 早々と先制点を許した徳島は前半35分に追いつき、その後も終始攻め続けたが、追加点を奪えなかった。通算成績は6勝4分け4敗で勝ち点22。順位は9位に落ちた。

 横浜FCは2―1で讃岐に勝ち、同28で首位に返り咲いた。2―0で岡山を下した愛媛が同24で6位に浮上した。

...    
<記事全文を読む>