サッカーJ2レノファ山口は13日、オフィシャルパートナーのマックスバリュ西日本を代表するイオングループ、ホームタウンの山口県、県内全19市町とまちづくりに関する包括連携協定を結んだ。

今年3月に全市町がホームタウン化したのを機に締結した「オール山口 Jリーグで地方創生、まちづくりパートナーシップ包括連携」協定。スポーツ・文化の振興や商業・観光の振興など計12項目で協力する。各自治体で就任した応援選手がサッカー教室に参加したり、観光や行事のPRに協力したりする。

山口市の維新百年記念公園陸上競技場で締結式があり、レノファ山口の河村孝社長や村岡嗣政知事、各市町の...    
<記事全文を読む>