明治安田J2第13節(13日・えがお健康スタジアムなど=11試合)湘南が熊本を1―0で破り、勝ち点27で首位に浮上。横浜FCは水戸と0―0で引き分け、同25で2位に後退した。

 大分は大分市の大分銀行ドームで名古屋と対戦し、4―1で勝った。通算成績は7勝2分け4敗(勝ち点23)で順位は5位に浮上した。

 大分は第14節の17日午後7時から、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で長崎と対戦する。

 昨季J1の名古屋を大分が撃破した。FW後藤優介の勢いが止まらず、ハットトリックの大活躍。得点ランキングトップ(8点)に並んだ後藤は「全部みんなの頑張りで、自分は決めるだけだった」と笑った。

 ...    
<記事全文を読む>