サッカーJ2第13節は13日、各地で11試合が行われ、レノファ山口は山口市の維新百年記念公園陸上競技場で京都サンガと対戦し、1―1で引き分けた。勝ち点は10に伸ばしたが、順位は20位のまま。

 山口は前半21分に先制を許すも、後半13分にコーナーキックからDFパク・チャニョン選手がヘディングシュートを決めて同点に追い付く。その後は守備陣が体を張ってゴールを守り、勝ち点1を確保した。

 次節は17日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬でザスパクサツ群馬と対戦する。

...    
<記事全文を読む>