明治安田J2第13節(13日・フクダ電子アリーナほか=11試合)千葉は清武がハットトリックを決めるなど5-0で長崎に大勝した。千葉の5得点は6-0で勝利した2013年の第37節熊本戦以来4季ぶり。勝ち点を19に伸ばし、12位に浮上した。

 湘南は熊本を1-0で破り、勝ち点27で首位。横浜FCは水戸と0-0で引き分け、同25で2位に後退した。前節3位の名古屋は大分に1-4で敗れて6位に転落した。◆FW陣、待望の躍動 開始6分で船山が先制点をもたらすと、目覚めた千葉の攻撃陣が猛威を振るった。指宿、清武と形成する前線に、快足の高橋や2列目起用のアランダも絡み、次々とゴールへ迫っていく。

 主導権...    
<記事全文を読む>