J2徳島ヴォルティスは13日午後4時から、鳴門ポカリスエットスタジアムで10位のFC岐阜と対戦する。前節アウェー岡山戦では先制しながらも守備がほころび、流れを失って惜敗した。岐阜戦を皮切りに17日・金沢戦、21日・水戸戦と再び3連戦が始まる。着実に勝ち点を積んで上位争いに踏みとどまりたい。

 徳島は7日の岡山戦で先制したが、守備陣のパスミスから相手にCKを与えるなどして逆転を許した。守備陣は4月29日の千葉戦以降、3試合で6失点とやや安定感を欠く。3日の福岡戦で負傷した右サイドのMF広瀬の穴を誰が埋めるのかも懸念材料だ。

 守りの不安をカバーするのは、やはり積極的にプレスをしてボールを奪う...    
<記事全文を読む>