徳島ヴォルティスなど中四国を本拠地とするサッカーJリーグの7クラブが11日、大規模災害時の練習場所の確保や公式戦実施で協力態勢を構築するための連携協定を締結した。Jリーグのクラブ同士が災害協定を結ぶのは初めて。

  7クラブは徳島ヴォルティスのほか、ガイナーレ鳥取、ファジアーノ岡山、サンフレッチェ広島、レノファ山口、カマタマーレ讃岐(香川県)、愛媛FC。岡山市で開かれた共同記者会見で、昨年10月の鳥取地震を経験したガイナーレ鳥取の岡野雅行ゼネラルマネジャーは「災害時にプロとしてできるのはピッチで元気な姿を見せることだ」と語った。

  各クラブは被災地の選手のコンディションを維持するため練習...    
<記事全文を読む>