U-20(20歳以下)ワールドカップ(20日開幕・韓国)に出場するJ2アビスパ福岡のDF冨安健洋(18)が10日、福岡市のクラブ本社で壮行会に臨み、「アビスパの名に恥じないよう、責任を持ってプレーしたい」と抱負を述べた。

 下部組織出身の冨安は、クラブ関係者や小学生時代に学んだ同市の三筑キッカーズの指導者を前に「大会から帰ってきて成長した姿をレベスタで見せたい」と意欲。駆け付けた下部組織や三筑キッカーズの後輩たちからは激励の寄せ書きを受け取り、「みんなのお手本になるように頑張りたい」と笑顔を見せた。

 冨安は11日から始まるU-20日本代表合宿(静岡)に参加。「スタメンを奪えるようにアピー...    
<記事全文を読む>