明治安田J2第12節(7日・トランスコスモススタジアム長崎ほか=11試合)水戸は長崎と0-0で引き分けた。通算成績は4勝4分け4敗、勝ち点16で順位は13位。水戸は3バックの布陣で堅守を貫き、2試合連続の零封。攻撃陣は中盤の橋本、船谷のパスから前田がシュートを放つも、ゴールを奪えなかった。終盤は長崎のファンマに立て続けにシュートを許したが、センターバックのパウロンやGK笠原が間一髪でしのいだ。■粘り強く戦ってくれた 水戸・西ケ谷監督厳しいコンディションだったが、選手が90分間粘り強く戦ってくれた。連戦の疲れがあった。最後のクオリティーをしっかり上げていけば、また違った結果が出てくる。<...    
<記事全文を読む>