サッカーJ2は7日、西京極陸上競技場などで11試合を行い、京都サンガFCは1-0で讃岐を破った。ここ5試合を3勝2分けとして勝ち点を15に伸ばし、順位は前節から一つ上げて15位となった。

 サンガは前半36分、FKからゴール前の競り合いでこぼれたボールをオリスがシュートし、バーの跳ね返りを闘莉王が頭で押し込んで先制した。後半32分にはオリスが審判への侮辱行為で一発退場となったが、粘り強く守りきり、10試合ぶりに無失点で終えた。

 横浜FCが東京Vと1-1と引き分け、勝ち点24で首位を守った。町田と引き分けた湘南が得失点差で2位。名古屋は山形と引き分け同22で3位、東京Vが総得点差で4位にい...    
<記事全文を読む>