明治安田J2の第12節は7日、11試合を行った。FC岐阜はホームの長良川競技場で大分と戦い、1-2で敗戦。連勝は3で止まり、7試合ぶりの黒星となった。5勝3分け4敗で勝ち点18は変わらず、順位は10位に後退した。

 岐阜は前半に、FWの難波、古橋、田中がそれぞれ決定機を外して0-0で折り返した。後半は相手に主導権が渡り、17分にカウンターからロングボールを出され、連係ミスからDFヘニキのパスが相手FWに渡って失点。31分には左サイドからクロスを許し、ヘディングシュートで2点差にされた。岐阜は37分にオウンゴールで1点差とし、前線に選手を4人置いて反撃に出たが、追加点は奪えなかった。

 その...    
<記事全文を読む>