サッカーJリーグ二部(J2)の名古屋グランパスを応援しようと、豊田市中央図書館(西町)が、所属選手やサッカーに関連した本を集めた企画展を開いている。

 選手ごとにコーナーを設け、選手の出身地の観光案内本や、けん玉やゴルフの指南本などそれぞれの趣味に関する書籍を展示。和泉竜司選手の好きな映画「007」シリーズの文庫本や、杉本竜士選手の好きなポテトサラダのレシピ集も並べた。

 図書館では「選手を身近に感じて、グランパスを好きになるきっかけになれば」と話した。三十一日まで。

 (久保田麻里衣)

...    
<記事全文を読む>