J2ファジアーノ岡山は4日、DF竹田忠嗣(30)が左膝の後十字靱帯(じんたい)損傷で、全治6~8週間と診断されたと発表した。途中出場した4月23日の山形戦で痛めていた。

 チーム最古参の竹田は的確な状況判断と読みを生かし、守備の要としてプレー。ファジアーノ加入10年目の今季は控えに回る機会が増えたものの、DFやMFとして3試合に出場していた。J2リーグ通算223試合に出場し、5得点。

...    
<記事全文を読む>