「襟を正していこう」。サッカーJ2・徳島ヴォルティスのサポーターによる問題行為があってから初めてのホーム戦が行われた3日、徳島のサポーターは「より良い応援に向けた態勢をつくる」としたクラブの意向を受けて鳴り物などを使わず、声をからして懸命に応援した。サポーターの多くはこれまでの応援を見つめ直し、クラブと一体になっての「再起」を誓った。

 ヴォルティスの岸田一宏社長は試合前、拡声器や鳴り物を使って応援しているサポーターの中心メンバー17人に対し、この日の使用自粛を要請した。ゴール裏スタンドには横断幕などは掲示されず、徳島のサポーターは手拍子を取ったり、跳びはねたりしながら、ピッチに向けて声...    
<記事全文を読む>