明治安田J2第11節(3日・トランスコスモススタジアム長崎ほか=11試合)ファジアーノ岡山はアウェーで長崎に0―3で敗れ、2連敗。勝ち点12(3勝3分け5敗)で順位を一つ下げ、17位となった。

 横浜FCは愛媛に4―0で完勝し、勝ち点23として首位を守った。湘南は山口を1―0で下し、同23で得失点差により2位。名古屋は京都と引き分け、金沢に勝った東京Vとともに同21。讃岐は千葉と1―1で引き分け、ファジアーノが次節、ホームで対戦する徳島は2―1で福岡に逆転勝ちした。長崎3―0岡山前半2―0後半1―0長崎 6勝1分け4敗(19)岡山 3勝3分け5敗(12) 【評】ファジアーノは前半19、2...    
<記事全文を読む>