徳島ヴォルティスは30日、明治安田J2第10節のジェフユナイテッド千葉戦(29日、フクダ電子アリーナ)で、試合中にボールボーイの体を突いたDF馬渡和彰選手に対し、厳重注意し、Jリーグ規律委員会の処分が確定するまで謹慎処分にした。リーグの処分決定後、クラブとしての最終的な処分を決める。

 馬渡選手は、クラブ公式サイトで謝罪コメントを発表した。

 馬渡和彰選手のコメント(徳島ヴォルティス公式サイトより) 昨日のジェフユナイテッド千葉戦において、私が引き起こした行動は、いかなる状況であれこのような行動が認められるわけがなく、あってはいけない行為だったと深く反省しております。ボールパーソンの方には...    
<記事全文を読む>