サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は30日、各地で決勝トーナメント1回戦第2戦が行われ、鹿島はホームで広州恒大(中国)と対戦。2-1で勝ち2戦合計2-2としたが、アウェーゴール数で下回り敗退。初の準々決勝進出はならなかった。第1戦を0-1で敗れた鹿島は、前半から積極的に攻め、28分にペドロジュニオールのゴールで先制した。しかし、後半に同点に追い付かれ、試合終了間際に途中出場の金崎が得点したが、一歩及ばなかった。■記録メモ▽ACL通算100得点鹿島が30日の広州恒大戦で達成。節目のゴールは後半46分、金崎が決めた2点目。13チーム目で日本勢ではG大阪に続き2チーム目。■切り...    
<記事全文を読む>