川崎市は、中原区の等々力陸上競技場の第二期整備について基本方針案を策定した。メインスタンドを改修した第一期に続き、第二期は、サイド・バックスタンドの増改築を行う。

 (小形佳奈) 競技場は、サッカーJ1川崎フロンターレの本拠地。市によると、二〇二〇年度に適用されるとみられるJリーグの要項に合わせて収容規模を現在の三万人から三万五千人に増やす。老朽化した一階席を造り直し、二階席は残して三階席を増築する。また、全ての観客席を背もたれ付きとした上で屋根で覆う。

 学識者や利用団体の助言・意見を踏まえ、南風が吹き抜けるため陸上競技の公認記録に影響を及ぼす南側の走路に風対策、エレベーターや多目的トイ...    
<記事全文を読む>