サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は30日、各地で決勝トーナメント1回戦第2戦を行い、鹿島はホームのカシマスタジアムで広州恒大(中国)を迎え撃つ。敵地での第1戦を落とした鹿島は、逆転で初の8強入りを目指す。キックオフは午後7時。29日の練習は冒頭の15分以外を非公開とし、セットプレーの確認やPKの練習を実施したとみられる。2トップの一角には第1戦で左足首を痛めたエースの金崎に代わり、鈴木が入りそうだ。今回は引き分けでも敗退してしまうため、勝ち進むにはゴールが絶対条件。今大会チームトップの4得点を挙げている鈴木は「(点を取るのが)FWの役目。ACLにはいいイメージがある」と...    
<記事全文を読む>