新潟の呂比須新監督がリーグ戦で指揮したのは1試合。まだ謎に包まれた部分があるが、過度に警戒する様子は仙台にない。渡辺監督は「守備的な戦術が整理されたことで、戦い方が明確になった。危機管理に注意したい」と力強く語る。

 新潟は前節札幌戦、自陣で守備を固め、カウンターから奪った1点を守り切った。仙台戦は初めてのアウェー。「まずは守備」の傾向はより強くなりそうだ。

 シャドーストライカーで先発が見込まれる梁勇基は「守備を無理に崩そうすれば、相手の思うつぼ」と語る。敵陣に人数を割いた状態でボールを奪われれば、効果的なカウンターを受けやすくなる。「焦らずに戦うのが重要」と強調する。

 警戒すべきは札幌...    
<記事全文を読む>