J1仙台は27日、リーグ戦第13節ホーム新潟戦(28日13時・ユアスタ仙台)に向け、仙台市の紫山サッカー場で約1時間調整した。

 ミニゲームでは、ワントップに入ったFW石原と、シャドーストライカーと呼ばれる下がりめのFWの梁勇基が連係を入念に確認。DF永戸は左ウイングバックで精力的に動き回った。

 仙台は4勝2分け6敗の勝ち点14で13位。前節は横浜Mに1-1で引き分けた。新潟は2勝2分け8敗の勝ち点8で17位。呂比須新監督の初陣となった前節の札幌戦は1-0で勝利した。

 渡辺監督は「引いた守備を崩すのは前節横浜M戦で自信になった。何としてもホームで勝ち、サポーターを喜ばせたい」と語った。<...    
<記事全文を読む>