J1磐田は25日、元日本代表MF中村俊輔(38)が左太もも裏の肉離れで練習合流まで約3週間かかると発表した。23日のシュート練習で負傷した。27日の広島戦、6月4日のG大阪戦のリーグ戦2試合の出場は難しい状況となった。

 中村俊は今季、リーグ戦12試合中11試合に先発して2得点。司令塔として攻撃を引っ張り、セットプレーのキッカーとしても存在感を見せていた。

 磐田は山本や太田、藤田らけが人が続出。精神的な支柱でもある中村俊の離脱の影響は大きく、4試合白星から見放されているチームは、さらなる正念場を迎えそうだ。

...    
<記事全文を読む>