日本サッカー協会は25日、U―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)に出場している日本代表FW小川航基(19)=J1磐田=が左膝のけがでチームを離脱すると発表した。

 小川航は24日のウルグアイ戦で着地した際に負傷し、前半20分に途中交代した。試合後に病院に向かい、左膝の前十字靱帯(じんたい)断裂、半月板損傷と診断された。27日のイタリアとの1次リーグ最終戦後の28日に帰国する予定。全治までの期間は不明で、帰国後に再度、国内の病院で検査を受ける。

 小川航は初戦の南アフリカ戦で同点ゴールを決めて2―1の逆転勝利に貢献するなど日本代表の中心的存在だった。

...    
<記事全文を読む>