JリーグのYBCルヴァン・カップ1次リーグ第6節は24日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムなどで6試合があり、B組のサガン鳥栖は横浜F・マリノスに1-2で敗れた。鳥栖は2分け3敗(勝ち点2)の6位で、最終節・甲府戦(31日、山梨中銀スタジアム)を前に予選敗退が決まった。

 B組のC大阪は神戸を1-0で下し、勝ち点14で首位に浮上して全日程を終えた。残り1試合の神戸が同12で2位、鳥栖に勝った横浜Mが同9で3位。甲府は新潟に2-0で勝った。

 A組の仙台は札幌に2-1で逆転勝ちし、勝ち点13のトップで全日程終了。2位のFC東京は柏に1-0で勝ち、1試合を残して同12とした。■後半ロスタイム...    
<記事全文を読む>