J1仙台は23日、YBCルヴァン・カップ(ルヴァン杯)1次リーグA組第6節アウェー札幌戦(24日19時・札幌ドーム)に向け、仙台市の泉サッカー場で約1時間、最終調整した。

 ミニゲームでは、シャドーストライカーと呼ばれる下がりめのFWに佐々木が入り、同位置のFW西村と息の合った動きを見せた。左ウイングバックのMF中野は切れのあるドリブルを披露し、状態の良さをうかがわせた。

 仙台は3勝1分け1敗の勝ち点10でA組首位。札幌に勝って2位のFC東京が敗れれば首位が確定し、4年ぶりの決勝トーナメント進出となる。

 渡辺監督は「アウェーとはいえ、勝つこと以外は考えていない。状態の良い選手をピッチに送...    
<記事全文を読む>