アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦は24日、韓国・済州総合競技場などで行われ、2年連続で進出した浦和は第1戦でKリーグの済州と敵地で対戦する(15時)。31日の埼玉スタジアムでの第2戦と合わせて、ホームアンドアウェー方式で勝者を決める。

 浦和は23日、試合会場で最終調整に臨んだ。

 済州の通常の本拠地がU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)で使われるため、照明が完備されていない別の競技場で行われる。キックオフ時間と同じ15時から曇り空の下で練習し、槙野は「天候とグラウンド状況に応じたサッカーをしないといけない時間もある」と慎重に語った。

 会見したミシャ監督...    
<記事全文を読む>