北海道コンサドーレ札幌は、あす24日に行われるルヴァンカップAグループの首位・ベガルタ仙台戦(札幌ドーム、午後7時開始)に向け調整を行った。22日に23歳の誕生日を迎えたDF永坂勇人は、今季ここまで機会のないリーグ戦出場へ猛アピールを誓った。

 永坂は20日のアウェー新潟戦で元札幌の堀米が古巣相手に奮闘した姿が「いい刺激になった」と語った。U―15から昨季まで札幌で苦楽を共にした同期が待望のJ1リーグ戦初先発を果たしたことは、今季けがの影響もありルヴァン杯2試合の先発にとどまっている永坂の競争心に火をつけた。あすの仙台戦でAグループ上位浮上に貢献し、自身のリーグ戦出場の足がかりにする。<...    
<記事全文を読む>