明治安田J1リーグは20日、各地で第12節の残り8試合が行われ、清水は前節首位の浦和と3-3で引き分けた。  (1)埼玉  ▽観衆33458人  浦和 7勝2分け3敗(23) 3(1―0 2―3)3 清水 3勝5分け4敗(14)  ▽得点者【浦】興梠3(11)【清】鄭大世2(6)チアゴ・アウベス(4)  【評】清水は後半に巻き返した。  前半は浦和の鋭い寄せに苦しんだ。開始直後のシュートはポストに救われたが、24分は角田のクリアしたボールが浮いたところを興梠に決められた。  後半12分に失点し、2点差とされた。19分に鄭大世が決めて反撃開始。24分にこぼれ球を鄭大世が押し込み、26分は...    
<記事全文を読む>