信頼、期待を背負って放たれた矢が、左サイドから札幌へ突き刺さった。アルビレックス新潟が久々の勝利。MFホニが狙い通りのカウンターを決勝弾へと実らせた。

 押し込まれ、シュートを打ちきれない。新潟にとって、もどかしい展開が続いていた。だが、ホニは呂比須監督の指示を頭に、集中していた。「奪った瞬間に動き出せ」 DF富沢がドリブルで持ち上がり、スルーパスを出す瞬間、「この一発に懸けた」。相手DFとは横並び。短距離勝負なら、負けない。自慢の加速力で突き放し、GKと1対1に。振り抜いた左足がGKの股を抜いた。

 FWで結果を出し切れず、苦しんだ。DFを背後に背負うプレーに慣れず、決定的シーンを逃す場...    
<記事全文を読む>