どんぴしゃりだった。0-1の後半32分、三田の左CKはゴール前へ駆け寄る大岩の頭に当たり、ネットに突き刺さった。昨季、初めてJ1の舞台に立った日産スタジアムで価値ある同点弾。「ここで決められて良かった。ゴールを奪えるのがいいDF。もっと取りたい」と振り返った。

 「CKの場面は前半からマークを外されていた。チャンスは来ると思っていた」。冷静な戦術眼がさえた。守備でも落ち着き、相対した日本代表のドリブラー、斎藤に仕事をさせなかった。「1対1の場面ではもう少し抑えたかった」と謙遜する守備の要に対し、渡辺監督は「対人能力、周囲との連係の部分を評価する」と賛辞を惜しまない。

 だが大岩を含め、アウ...    
<記事全文を読む>