2月のキャンプで大けがを負ったJ1仙台のMF中野が、練習場に戻ってきた。「自分の特長、プレーを多くの人に見てほしい」。着実に近づく仙台でのデビュー戦に向けて、声を張り上げながら動き回る。

 今季J1川崎から期限付きで移籍した。「もう後がないと思え。この1年が勝負だぞ」。父正市さんの言葉を胸に取り組んだキャンプの終盤に、左膝内側靱帯(じんたい)を損傷した。リーグ戦の開幕先発が濃厚だったが、一瞬で消えた。

 「自分が出た時に何ができるか。もどかしかったが、そう考えながら過ごした」。つらいリハビリ生活を言葉少なに振り返る。

 実戦復帰した今月15日の練習試合、作新学院大戦(30分2回)は「攻撃もで...    
<記事全文を読む>