磐田らしさは見せた。だからこそ、悔いが残る。「決めるべきところで決めていれば」。選手の口から出てくるのは、前半の好機を生かせなかった反省ばかりだった。

 立ち上がりは良かった。持ち味の前線からの連動した積極的な守備で相手のパスコースを消し、川崎の起点となる中村や大島らの判断を鈍らせた。「われわれの良さと意気込みが合致し、予想以上にできた」と名波監督。ボールを奪った後は推進力のある攻撃も見せ、主導権を握った。

 最初の決定機は前半4分。桜内のスローインから川又がゴール前で粘り、左足を振り抜いた。しかし、GKの正面だった。川又は「いいサッカーをしている時間帯で決められなかった。(負けたのは)自...    
<記事全文を読む>