清水は土壇場で今季のホーム初勝利を逃した。1点リードしていた5分間の後半ロスタイム。GKも攻撃参加した鳥栖のCKをしのいだ。相手ゴールは無人だったが、GK六反はすぐに前線へ蹴ろうとはしなかった。六反は「前に金子しかいなかったし、足をけいれんさせている選手も多かった」と冷静に判断し、時間を使った。

 だが、相手にはね返されて反撃を受けた。右からのクロスに対し守備陣は体を張ったが、反対側まで流れたボールを水野(清水商高出)に押し込まれた。小林監督は「あの時間帯にキープすることを明確に伝えられなかった」と唇をかんだ。

 劣勢の後半、選手交代時にゆっくり退くなど時間を稼ごうとした。ずる賢く戦い、が...    
<記事全文を読む>