明治安田J1リーグ第11節の14日、ヴィッセル神戸は茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムで鹿島と対戦し、2-1でリーグ戦5試合ぶりの白星を飾った。神戸は通算6勝1分け4敗の勝ち点19。

 神戸は前半10分にオウンゴールで先制すると、4分後にはFW渡辺の今季初ゴールでリードを広げた。守っては、GK金承奎(キム・スンギュ)の好守などで反撃を1点に抑えた。

...    
<記事全文を読む>