J1磐田の定位置争いが激しさを増している。今季のリーグ戦10試合中、2戦連続で同じ先発で臨んだのは1度だけだった。14日の川崎戦はこれまで全試合に先発していた宮崎智彦(30)が出場停止。左ウイングバックの代役候補の中村太亮(27)と小川大貴(25)が先発奪取に意欲を見せている。

 磐田はリーグ戦は4勝3分け3敗の9位と中位を維持し、控え組中心で臨むルヴァン杯は3連勝中。出番を得た選手が結果を出し、チームの底上げは進んでいる。競争を今季のテーマに掲げる名波監督も「主力にけが人が出た時、今は手ぐすね引いている選手が何人もいる」と手応えを示す。

 中村太と小川大にとって、10日のルヴァン杯清水戦...    
<記事全文を読む>