清水は残り2試合を残して敗退が決まった。1点を追う後半は六平ら主力を投入して勝負を仕掛け、8分に村田の右クロスを北川が合わせて追いついた。だが、17分に勝ち越され、38分にエース鄭大世をピッチに送り出した直後、4点目を失った。CKが明暗を分けた。前半29分の磐田に献上した先制点は相手CKをクリアした後の展開から。34分、清水のCKから速攻を受け、GK植草の判断ミスも重なって2失点目。後半3分、左CKのこぼれ球を北川が押し込んでゴールを割ったが、ファウルの判定に覆る不運もあった。3失点目も相手のショートCKからだ。

 J1残留が最優先。過密日程を考慮し、また若手選手の育成を目指すクラブの方...    
<記事全文を読む>