今季2度目のボランチを務めた仙台の奥埜が前回3日のカップ戦大宮戦同様にフル出場し、攻守で存在感を示した。「先制された後、焦らずに粘り強く守備することができた」と、一定の手応えをつかんだ様子だ。

 守備では相手の球際に厳しく寄せてボールを何度も奪い、攻撃では縦パスで好機を演出した。同じボランチの藤村との相性も良かった。「互いに長い付き合い。難しく考えず、シンプルに動けた」と振り返った。

 決勝トーナメント進出に近づく中、奥埜はさらに先を見据える。「とにかくタイトルを取りたい。目標に向かって全力を尽くす」と力強く話した。

...    
<記事全文を読む>