サッカーJ1アルビレックス新潟の新監督に、ブラジル出身で元日本代表FWの呂比須(ロペス)ワグナー氏(48)の就任が内定したことが9日、関係者の話で分かった。近く正式発表される見通し。ブラジルから13日に来日予定で、正式契約を経て来週の練習から合流、20日のホーム札幌戦で最初の指揮を執るとみられる。

 新潟は今季10試合を終えて1勝2分け7敗の勝ち点5。J2降格圏の17位に低迷している。成績不振で休養している三浦文丈監督(46)は退任する。

 呂比須氏は平塚(現湘南)や名古屋などでプレー。1997年に日本国籍を取得し、98年のワールドカップフランス大会に日本代表として出場した。2002年の引...    
<記事全文を読む>