前節清水戦で2得点と、来日後初めて複数得点を挙げたクリスランは「周囲の期待は理解しているつもり。その思いに応えたい」と、リーグ戦2試合連続得点に向け気合を入れた。

 6日のミニゲームではワントップに入り、シャドーストライカーと呼ばれる下がりめのFWの石原、梁勇基と好連係を披露した。

 渡辺監督は「対戦相手は徐々に対策を練り、クリスランの真価が問われる時期となる。周囲との連係は良くなってきているので、次戦もやってくれるはず」と、好調なブラジル人助っ人の活躍に期待した。

...    
<記事全文を読む>