東京出身の三田はFC東京の下部組織で育ち、プロ初年を含む通算3季過ごした。2度目の古巣戦。先発した前回3月のカップ戦は0-6と大敗しただけに、「リーグ戦は絶対に勝ちたい。ホームでたたいて上位にいく」と雪辱に燃える。

 大胆かつ正確なサイドチェンジで好機をつくれば、球際の厳しい寄せで危機の芽も摘んでいく。今季リーグ、カップ戦全計13試合に出場し、出場時間はチーム最長の計1095分。期限付き移籍だった昨季以上の存在感で仙台を引っ張る。

 仙台はFC東京に2015年5月以降、公式戦5連敗中。まさに難敵だが、三田は「チームも自分も非常にいい状態」とひるまない。「清水戦は、前半こそ相手にボールを持た...    
<記事全文を読む>