エスパルスと静岡市は5日、サッカーJ1「清水エスパルス対ガンバ大阪」戦のパブリックビューイング(PV)をJR清水駅東口広場で開いた。約千人が大画面を見つめ、敵地で奮闘する選手に声援を送った。

 後半4分、チアゴ・アウベス選手が先制のゴールを決めると、サポーターは大歓声を上げた。同点に追いつかれた後も好プレーに拍手を送った。

 サポーター歴26年の女性(49)=同市清水区=は「アウェーで勝ち点1が取れたのは良かった。次はホームでの勝利を見たい」と次節への期待を語った。

 PVは地元チームを生かしたまちづくりの一環で、2017年度第1弾。12月までのアウェー戦計5試合で行う。第2弾は20日の浦和...    
<記事全文を読む>