金星は逃したが、敵地で貴重な勝ち点1を挙げた。首位争いをしているG大阪の圧力に、下位の清水が耐えた。小林監督は「しっかり守るが、先制点を取りにいく」と明確な狙いを定め、4月30日の仙台戦から先発3人を入れ替えた。リーグ戦で初めて先発に抜てきされたチアゴ・アウベスの得点で先行。後半4分、こぼれ球を拾った白崎の左クロスをダイレクトで合わせた。

 「よく練習でやっているパターン。(シュートを)打つことしか考えていなかった。芯に当たってくれた」とチアゴ。公式戦6試合で3得点1アシスト。韓国Kリーグ時代に対戦し、「賢いFW」と尊敬している鄭大世との2トップは、攻撃時に迫力があった。

 リードした後は...    
<記事全文を読む>