リーグ戦で出番が少ない選手を起用した磐田が、外国人助っ人や元日本代表が並ぶ柏に逆転勝ちした。「若いチームが難しいことをやってのけてくれた」と名波監督の声が思わず弾んだ。

 劣勢を覆したのは途中出場の2人だった。1点を追う後半31分。2トップの一角に入った斉藤が絶妙な動きで相手ゴールに迫り、川辺の同点弾を演出した。斉藤は「形が良かった」と自画自賛し、川辺も「(チームを)勝たせることができてうれしい」と喜んだ。

 プロ初先発の高卒ルーキー針谷も惜しいシュートを放つなど見せ場をつくった。けが人も多いが、代役の選手が期待に応え公式戦5試合負け無し。激しさを増す競争が、チームを勢いづけている。 <記事全文を読む>