2試合ぶりの白星を目指す首位浦和は4日、3位鹿島とホームで激突する(14時・埼スタ)。

 会見したミシャ監督はさいたまダービーでの負けを「非常に痛い敗戦」としながらも「必要以上に下を向かず、目の前の相手に向かっていくことが大事」と選手に奮起を促した。勝ち点差1で迎える序盤のヤマ場へ、指揮官は「鹿島という素晴らしいチームに、ホームで勝利するために最後まで戦う」と満員のスタジアムで必勝を約束した。

 チームは試合前日の3日、大原サッカー場で1時間の調整を行った。

  11対11のミニゲームで主力組はラファエルシルバと興梠の2トップの下に、駒井を置く布陣を試した。ボランチは青木と阿部で、サイドは右...    
<記事全文を読む>